多読を導入してよかった点
・可能性が無限である。 能力の高い生徒は 与える授業内容だけで物足りないと思われるが本を読み進んでいくうちにその子が伸び進んでいること また授業時間では到底たどりつけないものを習得していることがある。 また教えていないこともわかる底力がついていることが見受けられる。
・能力を身につけるのに時間がかかりそうな生徒も なんとなくわかるようになることそして出来ても出来なくても気にしなくていい安心が得られて学びやすい雰囲気作りが提供できる。
・直ぐに取り組むことの出来る子 本を借り出したり興味を持つのにすこぶる時間のかかる子と千差万別であるが 楽しめ急いでも急がなくてもいい多読空間は 落ち着いてその差を認め共有できる素敵な空間である。
これから期待できること 
・絵本を楽しむ範囲が広がった。 以前は内容が難しいからやめると思っていた絵本もいろいろ可能性として取り組むことが出来るようになった。 そしてそういう絵本に親しんでいる子がさりげなく 授業内容を広げているのを見ると とても頼もしい。
・児童英語教室で一週間一時間前後で提供できるものは限られている。多読によって物語の世界を広げていくことは学びの深さを提供できると思う。
・教師もたくさんの絵本の中で楽しむことが学べて 幸せだと思う。 私は至って歩みのゆっくりなものであるけれど歩みの速さというよりも歩み続けることがこれからの生徒も先生も楽しめると思う。
 
授業状況
 ・幼児 読み聞かせ
 ・小学生は 読み聞かせ 一斉読み 宿題チェック時間自習読み
  中学生は貸し出しが主
 ・夏に絵本イベント (クリックしてみてください。)
 
前ページへ
レインボー英語教室TOPへ